SNSフォローボタン

フォローする

似顔絵を注文するときの不安を解消する3つの方法

ウェルカムボードや長寿のお祝いなどの
贈り物として
似顔絵をお願いしたいなと思っても

たくさんサイトはあるし
どんなものが出来上がってくるか心配だし
破損したりしないか
失敗したくないと思いますよね。

その不安を解消できる方法を
3つお伝えします。

①ネット通販を利用する
②下書きチェックできるところにする
③キャンセルポリシーをしっかり読む

①ネット通販を利用する

ショッピングセンターなどに出店しているところで
注文するよりも
ネット通販でのご注文をオススメします。

ショッピングセンターなどで描いてもらう場合は
画材や時間の制限がありますので
クオリティーを上げることができません。
(無料のイベントの時に頼もうは論外です)

制限のあるなかでお描きするので
その制限の中でのベストの作品ということになりますが
その日にお渡し出来るのがメリットです。

その代わりネット通販だと
メールなどのやりとりは多くなりますが
ショッピングセンターなどで描く時よりも
時間を掛けて描くことが可能です。

そしてお描き出来る物も増えます。
車やバイク、凝った背景も
ネット注文ではお引き受けできます。

でも、ネットではどんな人が描いているか分からないからちょっと…という方は
注文はネット通販からだけど
直接会っての打ち合わせも可能な作家さんに
お願いしたらいいと思います。
(ちなみになつめは、金山、栄、名駅付近なら
直接お打ち合わせ可能です)

②下書きチェックできるところにする

下書きの時点でも
どんな風ふ出来上がってくるか
確認できたら安心できますよね?

下書きなので鉛筆で書いた
ペン入れをする前の段階になります。

ペン入れの時点で
少しずれたりすることもはありますが
下書きの時点で全く似てないと
その先はやっぱり似てない可能性が高いです。

細かいポーズや構図を頼む時も
言葉だけだと行き違ったまま
作品が出来上がってしまう可能性もありますが
下書き段階でチェックができれば
そういう心配も減ります。

下書きチェックは
別途料金がかかったりする場合もありますが
心配な方はぜひ下書きチェックのオプションがある
お店で描いてもらって下さい。

ちなみにショッピングセンターでは
下書きチェックができないところが多いので
一番最初に聞いてみるのもアリだと思います。

③キャンセルポリシーを先にしっかり読む

ネット通販をお願いすると
似顔絵は宅配便などでお手元に届きます。

お店側もしっかりと梱包していても
稀に輸送中に破損してしまうこともあります。

その時の対応の仕方が
だいたいキャンセルポリシーなどの所に書いてあるので
しっかりと読んでおきましょう。

ほどんどの場合
お客様の自己都合による返品・交換
オーダーメイド商品のため
受け付けていません

しかし、明らかな輸送中の破損の場合は
そのお店が決めた期日以内に連絡を入れ
返送すれば交換してくれる場合が多いです。

いかがでしたか?
お店選びの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする