SNSフォローボタン

フォローする

似顔絵師は普段どんな仕事をしているのか?

初めてお会いした方や
お客さんを描いている間に
よく聞かれる質問。

普段どんなことをしているの?

と。

似顔絵師には大まかに分けると
3種類の働き方があります。

フリーランス
所属アーティスト
ダブルワーク(バイトなど)

順番にご紹介。

フリーランスの場合

なつめもここに分類されます。

ほぼ似顔絵専業の
フリーランスは
普段どんな感じに働いているかというと…

▷まず、土日祝日などの世の中が休みの日は

企業さんなどのイベントに出演したり
ショッピングセンターや観光地などで
似顔絵の販売をしています。

あ!
あとたまに結婚式・披露宴で
ゲスト全員を2〜3分で白黒で描くのをしたりもします。
(愛知では割と描いてもらったことある!って言う人も多いです)

▷そして平日
ネットからのご依頼の

・ウェルカムボード
・サンクスボード
・記念日や還暦祝いなど用の贈答用

の似顔絵を写真から描いたり

お問合せをいただいたお客さまとの
打ち合わせ、お見積もりなどの
やりとりをしています。

ちなみに、ご依頼の内容は時期によって変わります。

ブライダルシーズンは
ウェルカムボードやサンクスボードが多いですし
送別会シーズンは寄せ書きなどが多いです。

フリーランスで似顔絵を専業でしている人は
こんな感じの仕事の内容ですね。

イラストもやっている人は
平日イラストの仕事もしてます。

所属アーティスト

所属アーティストにも
専属契約の会社も条件付き契約の会社も
社員雇用しているところも様々あります。

さまざまな所属の仕方がありますが
所属している会社などが
運営している現場(ショッピングセンターなど)に
土日、平日関わらずブース出店をしています。
(中には土日のみの場所もあります)

プラス、運営会社から割り振られた仕事などもこなしています。

プロは基本的に①と②だと私は思っていますが
一応③もご紹介します。

ダブルワーク(バイトなど含む)

平日は別の仕事をして
土日だけフリーマーケットや街中などで描いている人もいます。
中には学生さんという場合もあります。

空いた時間に趣味程度にという
プロではない方々もここに入るのではないかなと思います。

ということで
フリーランスであれ所蔵アーティストであれ
プロの似顔絵師は年がら年中似顔絵を描いています(笑)

絵を描くことは私達にとっては
もう生活の一部です。

よく「ずっと描いてるの大変じゃない?」
とも聞かれますが

描き続けることよりも
ずっと座り続けて
腰が痛くなる方がよっぽどしんどいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする