SNSフォローボタン

フォローする

似顔絵を描いてもらいたいときは

似顔絵を描いてもらいたいなぁって思ったけど
どうしよう?

となったときは3つの方法があります。

①似顔絵を直接販売をしているところへ行く
②ネットショップに注文する
③イベントで描いてもらう

それぞれメリット、デメリットがあるので
それを参考に選んでいただけたらいいと思います。

①似顔絵を直接販売をしているところへ行く

直接販売しているところとは、
ショッピングセンターや観光地などに出店している
その場で対面で有料で描いてくれる似顔絵屋さんを指します。

【メリット】
・その日中に描いてもらえる(思い立ったら日にできる)
・その場で描いてもらえるのでデートやノリで描いてもらうことができる
・別料金になるが写真からも対応可能な事が多い(車などはできない可能性あり)
【デメリット】
・そこにいる作家しかお願いできないので作家を選べない
・限られた時間の中で描くので、その時間に対してのクオリティーになります。
・サイズは限られている
・受付時間があるのでそれを越えるとお願い出来ない。
・写真からの場合、写りのいい写真がないと描けないので二度手間になる可能性も

②ネットショップに注文する

【メリット】
・時間をかけて描いてもらえるので丁寧な仕上がりになる
(3つの中では一番クオリティーが高い)
・サンプルを見て作家が選べる
・額などのオプションも充実している
・注文手続きを済ませればあとは届くのを待つだけ

【デメリット】
・時間をかけて描くのでその分料金は高め
・注文から届くまでに時間がかかる
・プロではない可能性がある
・直接会って打ち合わせをするわけではないので、
お互いに行き違い、勘違いが発生する可能性がある

③イベントで描いてもらう

ハウスメーカーさんやカーディーラさんなどが多いですが
企業様が企画したイベントの一環として実施しているものを指します。

【メリット】
・ただで描いてもらえる事が多い

【デメリット】
・対象となる方の条件がある事が多い(アンケートや契約者さまのみなど)
・1人にかけられる時間が短いので時間なりのクオリティー
(3つの中で一番クオリティーは低い)
・基本お越しいただいた方のみの作画
・1日に描ける数が決まっているのでお描き出来ないこともあり
・基本凝った事はできない(例えば誕生日仕様になど)
・会場によって屋外の場合もあるので、暑い寒いなどがある。

やっぱりそれぞれにいいところも悪いところもあります。

ご希望の内容
(納期なのかクオリティーなのかなど)を優先するのかによって
選んでいただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする